ホームページへ戻る

目次へ戻る

S柱座屈長さ係数の設定


[動 作]

 選択中の鉄骨柱部材の座屈長さ係数を自動計算します。

[解 説]

 自動計算されるのは”鉄骨の柱”断面のみです。

 また、断面データの”断面種別”が梁として設定されている部材のみ、計算 に 考慮されます。

 "水平移動が拘束されていない"場合の計算式により算定します。

 GA・GB・(π/K)2 - 36  π/K
6(GA+GB) tan(π/K)

 GA,GBは、1≦G≦10とし、以下のように計算を行います。

    @柱端がピン接合の場合はG=10.0

    A固定支点の場合はG=1.0

    B接続する梁の柱端がピンの場合は、その梁は無視します。

    C梁の剛度(Ig/lg)は、他端がピンの場合は0.5、固定の場合は0.67を乗じて計算します。

[関連項目]