ホームページへ戻る

目次へ戻る

鉄骨柱座屈長さ係数の設定 <設計ツール> <S柱座屈長さ係数>


[動 作]

 全てもしくは選択中の鉄骨柱部材の座屈長さ係数を自動計算します。

[解 説]

 自動計算されるのは、”鉄骨の柱” 断面のみです。 それ以外の数値は変更されません。 また、断面データの”断面種別”が梁として設定されている部材の み、計算 に 考慮されます。 グループ化が設定されている部材ではグループ全体の部材長さに対しての数値を計算します。

 "水平移動が拘束されていない"場合の座屈長さ係数(K)は以下の計算式により算定します。

GA・GB・(π/kc)2 - 36 π/kc
6(GA+GB) tan(π/kc)


 GA,GBは、1≦G≦10とし、以下のように計算を行います。

GA (Ic/lc)+(AIc/Alc)
GB
(Ic/lc) +(BIc/Blc)
AIg1/Alg1) +(AIg2/Alg2)※
BIg1/Blg1) +(BIg2/Blg2)※
  1.   柱端がピン・半剛接合の場合はG=10.0とします。
  2.  固定支点の場合はG=1.0とします。
  3.  接続する梁の柱端がピンの場合は、その梁は無視します。
  4.  3本以上の梁が取り付く場合(※)も、梁の剛度(Ig/lg)に考慮します。
  5.  梁の剛度(Ig/lg)は、他端がピンの場合は0.5、固定の場合は2/3を乗じて計算します。

[関連項目]
 検定部材定義